忍者ブログ
日々徒然日記                                                  イラストを投稿したり文章を書いたり                                     メルフォ返信やバトン等もこちらにて
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

携帯日記で何度かぼやいてましたが、また嫌な時期に風邪引いちゃいました
そしてもう声が殆ど出てないという(´Д`;)アゥ
数年前に声がほぼ完全に出なくなるというひっどい風邪を引いたのをキッカケに、どうも声帯が腫れ易くなってしまったみたいで、こういうことは既に何度かあったはあったんですが…
今回は久々にマジ出ねぇ状態になりましたね
折角授業行ったのに早く休みなさいと教授に追い返されてしまいました(苦笑)
身体は元気なんですけどねぇ…
と言いながら帰って3時間ほど寝てましたがwww
もはや寝不足はよくある事なのですが^^;
昨日の急な依頼のせいで寝てなかったですしね、まぁ何とか取り戻しただろう(笑)
…しかし寝て起きてから今まで気にしてなかった喉の痛みが何か増した感じがします
お陰で喋る気力すらなく自分に珍しくずっと押し黙ってます(苦笑)
うーん、週末バイトなんだけど声戻るかなぁ??^^;




通ってるサイト様で立て続けにブクマについて語りがあったり、サイト一時閉鎖までされていたのを見て、やっぱりこういう問題はきちんと知っておくべきだなと思いました
ネチケットのカテゴリでいいのかどうか正直微妙な感じになりますが、一応入れておこうかなと…
気が向いたら普通の日記のカテゴリにするかもしれませんが(苦笑)


ブクマはブックマークの略でよく使われていますが、ウェブ上で行える本のしおりのようなものです
要はウェブ上に印を付けて、何時でもそこに飛べる(閲覧)出来るようにすること、と言えば良いでしょうか?
このブクマをお気に入りのサイトの何処に貼るのか、というのは色々な観点から見て賛否両論もありますし、色々な意見があるところです
ブックマークは(サイト管理人に)指定された所にするべき」という所もあれば「お気に入りのページに貼るものなんだから何処に貼ってもそれは貼る側の好き勝手だ」という所もあります
どちらの意見にしてもそれなりに正論があると思うので、この辺りは個人判断じゃないかなと思います
ただ見た感じだと後者の方が多いかな?
後者が多いからそっちの方が正論、ということはないでしょうが、その中にもまた別の賛否両論がある、というのもまた事実です
詳しく知りたい方は少しですがネットマナーについて書かれているサイト様を載せておきますので、ご自分で熟読されたらと思います
どちらのアドレスも頭にhを付けてから検索してください;;

「ネットマナーについて思うこと。」様
ttp://www.geocities.jp/sakurakobanashi/net/m.htm#1
「妥協のネットマナー」様
ttp://keisetuen.vivian.jp/mana.html

とりあえず行くのが面倒という方や、読んでも良く分からないという方もいらっしゃると思うので、一応此処で簡単に書いておきます
ただし自分の文章力なので分かりやすいかどうかは保障出来ませんのでご了承下さい^^;

ブックマークは「本のしおり」という、本来の意味合い的なモノで使うのだとすれば、「自分の好きなページに貼る」で十分だと思います
そもそもネットマナーも閲覧するだけ(ネットサーフィンをする)であればそれほど気にするものではなく、気を使うものではないモノです
本屋の立ち読みみたいなものですしね
(ただ実際の本屋だと自分の身体がそこにあるので、通路を塞ぐとか見た本を汚すとか現実的な問題があったりしますが(苦笑))
ネット上は架空空間なのでその辺の問題はないですし、閲覧者が一人二人増えたところでサーバ負荷なんてたかが知れてるのでその心配でもないでしょう
(寧ろ一人二人で影響がでるようなそんなサーバを使っている方が、今のご時勢問題だと思いますし…)
ただ此処で気にしなければいけないのは、そもそもマナーとはどういうものなのか、を理解するところでしょう

マナーと言うのは、「人間が気持ちよく生活していくための知恵人間が気持ちよく生活していくための知恵(bv ウィキペディア)」というもので、決して万国に通じるものではないものです
テーブルマナーにしても、食文化によって全然違うのが当然ですし国によっても価値観の違いでその国のマナーが返って別の国では不快感を与えてしまうような事もあります
ただ言えるのは、「相手に不快感を与えない」為の作法がマナーと呼ばれるものだ、ということです
ある程度の縛りがなければ、物事を綺麗にスムーズに進めていく事は出来ません
マナーと言うのは、それをやっていくための一つの手段に過ぎません
しかしマナーがなければ当然ながら気持ちよく生活することも出来ません
ネット上でも同じ事です
大事なのは「誰もが気持ちよくインターネットを楽しむ事が出来ること」、それを守っていくものが「ネチケット」というネット上のエチケット(=ネットマナー)と言うわけです
ネット上の秩序を守る上では、当然ながら守るべきだ、と言われても仕方がないかなと

これはサイト運営者も閲覧者も平等に考えるべき事なんじゃないかなと思います
守る守らないは別として、そういうものがある事を当然の事として知っておく、ということがまず必要なんじゃないかなと
知っていてそれを実行する・しない、を決定するのと、知らないで勝手にやることでは全然意味が違いますからね
サイト運営についても、所詮は人間と人間のやり取りですから、マナーについて考える事は兎にも角にも必要な事だと思います

ブックマークにおいてもこれが言える訳で、管理人によっては「ブックマークはインデックスに」「作品にはブクマしないで」「オンラインブックマークは禁止」という感じで注意書きがされている所もあるのが事実です
これに同意してそれに従うかどうか、それは正直なところ閲覧者様の好意次第ではないかと思います
個人的な意見と言うより、第三者的な意見、という意味でですけど
ただ言えるのはどうしてそんな記述をしているのか、その理由を知っておくことは凄く大事なことだ、ということです
わざわざ書いていらっしゃるんだから、それには言わせる事情や理由がある
それを理解し、知ってあげるというのは、マナーを守ると言う上では大事じゃないかなと思います
勿論マナーなんて知るかという人にとっては全くもって意味のないことなんでしょうが…
ただマナーを守らない人は確実に嫌われますサイト管理人だけでなく同じ立場の閲覧者からも確実に嫌われます、そこは自己責任でしょう(大事なことなので2回言いました)
たったそれだけです
嫌われていい人は別にマナーなんて気にしなくても良いんじゃないでしょうかね?
そんな所まで寧ろ誰も面倒見ないでしょうし、見たくもないでしょう…

ブックマークに関しては、先に紹介した「妥協のネットマナー」様がかなり分かりやすく簡潔に書かれているかなと思います
オンラインブックマークに関してはこちらのサイト様を熟読されれば、何故オンラインブックマークを怖がっているサイト様(拒否しているサイト様がいらっしゃるのか)が分かるのではないかなと思います

「二次創作+オンラインブックマーク総括」様
ttp://onlinebkm.nobody.jp/ (頭にhを(以下略))


さて、読むのもなかなか大変なので頑張って短めに書いてみたいと思います(苦笑)
そもそもブックマークをインデックスにして欲しいと書かれている方は、大体は「カウンターの回りを凄く意識している」という人だと思います
閲覧者の人数を更新の糧にしていたり自分のサイトの支持具合の目安にしていたりしますし、その数を伸ばすためにサイト運営している人も少なくないんじゃないでしょうか?
何にせよカウンターというのは物凄く影響力のあるものでして、重要視しているサイト様も居る、ということです
つまりインデックス以外にブクマをされてしまうとこのカウンターが回らなくなるので、意識しているサイト様からみるとインデックス以外のブックマークは物凄く不快な訳です
…つまりそんな管理人さんに不快な思いをさせたくない、と言う方はマナーを守ってきちんとインデックスにブクマをしてあげてください^^;
そのサイト様に通い続ける、ということはそのサイト様が大好きな訳ですよね?
(たまに管理人嫌いだけど作品は好きという稀な方もいらっしゃるようですが、今は一般的な意見を前提に書きます)
サイト様=管理人様な訳ですから、大好きな管理人様を不快にさせないようにブックマークは指定されている場所に貼ってあげて下さい
それがマナーを守る、という本来の意味ですから
それとそういうサイト様では極端な話、インデックス以外のブックマークを極端に嫌っているような方だと定期的にアドレスを変えていらっしゃる事もあります
しかしそれで文句は言えないはず…だって注意書きに「インデックス以外禁止」とか「インデックスに」というお願いがある訳ですから、それを破られて不快なのは寧ろ管理人様の方ですよ?
何でアドレス変えるんですか、って怒ったって「だからブックマークはインデックスに」って言ったじゃん、としか正直管理人様は言い返さないかと
そしてそういう人は無条件に嫌われる、ただそれだけかなと思います

ただもっと極端な話、そういう人が一人二人居るだけでサイトを閉鎖してしまう管理人様もいることは事実です
つまり自分一人の行動で他の閲覧者(=そのサイト様のファン)にまで迷惑が掛かる、ということになりますのでそこは理解しておきましょう
…まぁそんな事が分かっている人はマナーを破ったりはしないでしょうが(苦笑)
いずれにしろマナーと言うのはあくまで善意でやること、とはいえそれを守ろうとしなければそもそも世界は成り立ちませんから決して破って良い物でもありません
そんな俺様主義な方ばっかりな世界って、誰がどう考えたって過ごしやすい空間ではないでしょう…
誰もがマナーにより多少は我慢しているものです、皆同じなので最低限の事は我慢しましょう^^;


さて、オンラインブックマークなのですが、そもそもコレが何なのか分かってない方もいるんじゃないかなと…
簡単に言えば、IEやファイヤーフォックスなどのブラウザに搭載されているブックマーク機能が、通常でいうブックマークの事です
それに比べてオンラインブックマークというのは、簡単に言えばインターネット上にお気に入り情報を登録(ブックマーク)することです
(詳しくは上記で挙げた「二次創作+オンラインブックマーク総括」様でご確認下さい)

此処で何でオンラインブクマを嫌がる管理人さんが居るかというと、一番の理由は「ロボット検索機能」が怖い、もしくは嫌いだから、それを何としてでも避けたい、という所から来ています
何だよロボット検索機能とか思うかもしれませんが、皆様絶対使った事があるはずのものです
例を挙げればyah/ooさんとかgo/og/leさんとか、他にはM/SNさんとかin/fose/ekさんとか…
イメージは何となく分かって頂けますでしょうかね?
要は「検索ワード」を打ち込んで「目的の内容が書かれているサイトを探す」機能を持つサイトの事です
それは人の手で直接探している訳ではなく、人によって作られたプログラムが命令を受けて行っているから、正しくロボットと同じな訳でそう呼ばれるんですな

さて、何でそれが怖がるのかって言うのは、そもそも二次創作がどういうものかを知ってなければ話にならないので、今回は割愛させて頂きます…どんどん話が長くなってしまう^^;
簡単に言えば「二次創作=法に触れる事」だから、管理人様は誰しも公にしたくはないんです
で、オンラインブックマークは、いくらサイト自体に「検索避け」というロボット検索対策を施しても、サイトに関わる「単語一つ」を入力されただけで公に引き出されてしまう、という事があるので嫌う管理人様が多い、というわけです
なのでそのサイト管理人様が大好きな方は、その思いを汲み取ってあげてください
現に二次創作を厳しくしている版権出版社様もありますしね…;;

ただコレに関しても上記で紹介した、先の「二次創作+オンラインブックマーク総括」様のように「オンラインブックマークは怖いものではないよ」という言い方をされている所もあります
その理由は読んでいただくのが一番ですので、此処では解説は避けますが…;;


しかし一番言えるのは、公に公開されてしまう、その危険性がオンラインブックマークには存在し、それを嫌っている管理人様がいる、というこの事実です
なので、愛する管理人様の為にマナーを守ろう、と思ってくださる方はその事を念頭に置いて守っていただきたいな
これに尽きます、それ以上それ以下の理由はないかと思います
それは通常のブックマークにも言えることです
あくまで善意で行うことではありますが、それを出来る人と出来ない人の人間性の差というのは物凄く大きいと思います
人のことを気遣える人っていうのは誰しもその人に好意を持ちます、まぁ当たり前ですよね
そこの所を理解していれば、あとは閲覧者の好き勝手な事かなと思います
好かれたい人になりたいかなりたくないかどうか、相手の事を思いやれる人になりたいかなりたくないかどうか
ちなみに無知ほど怖いものはありません、どちらにも属しませんがこういうのが一番何と言うか対処に困る…
つまりある意味で一番迷惑をかけるタイプという事なので、この記事を見てくださった方は是非そういう人にならないで欲しいなと^^;




ちなみにうちのサイトでは一応ブックマークはインデックスに(もしくは各部屋のトップに)とは書いてますが、強い強制力を持って書いているつもりはありません
善意のある方であれば、コチラが何も言わずとも指示通りにリンクを貼ってくれるものだと思っておりますから^^
そうじゃない人はそういう人だし、という感じで割り切ってます
勿論そんな人に好意を持てと言われても無理な話ですが…そこはやっぱ別の話です(苦笑)
そもそもインデックス以外のページにブクマをしている人の心情はイマイチ理解できない所がありますし…
だって何時そのアドレスが変わるかどうかも分かりませんし(管理人様次第ですが)
そもそもアド変更以外にもサイト移転とか起こった瞬間にそのブクマおじゃんですよ?
その作品が読みたいのにわざわざ見失うリスクの高い他ページにブクマをするのは、自分としては理解しきれません…
そういう人って管理人は嫌いだけど作品は好き、とかいう人達なんですかね?
勿論そういう方じゃない人も居るでしょうけど^^;
管理人目線で言えば、好きでやってるんだからそのリスクを背負うのは覚悟の上でして欲しいところですね
それで文句を言うだなんて冗談じゃない、お前が勝手にそのサイのトマナーを破って貼ったんでしょ
自分の行動くらい自己責任しなさいよ、と言いたくなります
それが出来る人は、本来の意義通り「ブックマークは好きなページに」で良いんじゃないでしょうかね?
自分はそう思います

ただきちんとインデックスに貼ってくれる人とそうでない人では、当然の事ながら双方に抱く印象は違うでしょうね
そりゃ人だもの、当然の事ですよ
サイトマナーを黙って守ってくれる人と、あくまで自分の欲を突き通す人を比べて、貴方はどちらを好きになるでしょうか?
結果は言うまでもないでしょう、言うのすら面倒だよ(苦笑)


ちなみにどうでも良いですが、このネットマナー一つをとっても国によって範囲や価値観が違うようです
日本は著作権をかなり強く扱っている国ですので、俗に言う「無断転載」などの行為は禁止してますし、嫌いな方が殆どでしょう
ところがお隣の中国や韓国(特に中国)ではこの意識が国民的に薄いようで、かなり普通に皆様無断転載とかされてたりします
国民性を疑ってる訳じゃないですが、そういうのが寧ろ国風というかそんな感じですよね
ニュースでもやってたじゃないですか、ミ○キーやド○え/もんみたいな着ぐるみ着た奴が歩いてるテーマパークとかww
ただ国風とかを言い訳にしてやって欲しくはない所ですよね…だってそれがマナーじゃないですか
無知を言い訳にしないで、そういうモノを重視している国ではその国のルールを知って守っていただきたいところです
勿論全部の中国や韓国の人がやっているという訳ではありませんので、偏見は持たないでくださいね?
あくまで日本に比べると多い、という事実を言っているだけですので^^;




そんな感じで何だか物凄く長くなってしまった^^;
あれだな、口で言えない代わりに書き殴ってしまったというwww
PR
ここんとこ日常で語ることもなく、またゲノウイルス騒ぎもだいぶ落ち着いてきたこともあるので、今回はまた語りと称しましてウイルスについて書いてみたいと思います

一般の方が知ってる(もしくは抱いてる)コンピュータウイルスのイメージは、大体こんなんじゃないかなと思います
・迷惑メールに添付されて送られてくる
・変なURLに飛んだときに、Webページを介して感染する
・不明なソフトウェアをダウンロードした際に感染する
・感染するとデータが盗まれる
・   〃   データが壊される

他にもあるかもしれませんが、キリが無いので割愛させて頂きます^^;
何が言いたいかというと、基本的にウイルスに対するイメージが「被害を受ける」という感じだと皆さんが思っているだろうということです


ところが世の中広いもので、決して被害を受けるだけじゃすまないウイルスも存在するんです
さて皆様…ボットウイルスってご存知でしょうか?
恐らく殆どの方がご存知無いんじゃないかなと思います
その分野の勉強を(一応)している僕ですら、知ったのはつい半年ほど前のことです
既に社会人になってその手のIT系の仕事をされている方は、もしかしたら知っているかもしれませんが…

このウイルスの特徴は、感染しても表上あまりパソコンに変化もなく動作も問題なく出来るため、まず感染したことに気づかない、というのが大きいです
別に大事なデータを傷つけることもなく、CPU等を圧迫するわけでもない
じゃあ一体コイツは感染して何をするのか
このボットウイルスの「ボット」というのは、「ロボット」から取られています
…なんとなく予想付きますかね?
このウイルスは感染したパソコンを、まるでロボットのように操ることが出来るんです

具体的に言えば、まずウイルスを作った張本人(以下「犯人」)が、ウイルスをばら撒いて他のPCに感染させます
感染したパソコンはボット化し、表向きは何事も無かったかのようにいつものように振舞います
そうして感染したパソコンがメールやWebページなどを介してどんどん増えていきます
そしてある時、犯人が悪事を働きます
ボット化したパソコンに一斉に命令を送り、個々のパソコンを意のままに操ります
操られたパソコンは、命令に従って迷惑メールを他の人に送信したり、特定のWebページやサーバに攻撃を仕掛けたり、はたまたボットウイルスを他のパソコンに感染させたり、仕舞いには感染したパソコンから個人情報や入力したクレジットカード番号などを抜き出してしまいます
此処に裏の組織などが関連し、この抜き出した個人情報などを提供したり、俗に言う闇商売というものが成立してしまうわけです
また、感染したパソコンは被害者になると同時に加害者にもなってしまうのです


このボットウイルスの怖いところは、まず感染前と後の差異があまりないので感染に気づきにくいことです
その大きな原因の一つに、ウイルス自体が自分自身を自動でアップデートする機能を持っていて、新しい機能を追加したり自身の不具合を修正することが出来ることにあります
また、ボットウイルスのソースコードやウイルスを作成するツールがインターネット上に存在しているため、一つのウイルスから様々な亜種が作成されていて、セキュリティソフトが対応に追いつかず、ウイルスの有用性から犯罪に悪用されている、ということです

詳しいことはこちらのサイト様等でご覧になれば、もっと詳しく分かると思いますので、興味がある方はご覧ください
ttps://www.ccc.go.jp/bot/(頭にhを追加してください)



機会があり、僕は実際にボットウイルスがどのように感染し、感染したパソコンがどのような動作を行うのかというのを実験したものを実際に目にしました
こんなものが世の中にあるのかと、最初に見たときは本当に驚いたものです
人のパソコンを操る、というのはもはや不可能ではない時代だということですね
某様が日記で頭いい人がいるもんだが使い方間違ってるよね的な話をしていたんですが、正しくその通りだと思います
本当に悲しいことですが、それが事実なんですよね…
インターネットを使う、ということは同時にそういったリスクが伴うんだ、ということを知った上で楽しむことが何よりも重要だと思います
今は気軽にインターネットが出来る時代になりましたが、こういった負の側面に決して目を瞑ってはいけないし、そういう一面を知ってこそ利用しなければいけないと思います

マナーも含めてそうですが、知らないからやってしまった、というのは絶対に通用しませんし…
自分が感染しないようにしっかり体制を整えない人が、サイト運営等は絶対やっちゃいけないと僕は思います
感染してしまって、見に来てもらっている人に感染させてしまって、「知りませんでした」じゃ済みませんよね…?
責任が取れない人間が、それをしてはいけないのは当然の事です
お金の管理が出来ないのに他人からお金を預かる、なんてしてたら銀行なんかに誰がお金を預けるでしょうか?
預けられた荷物をきちんと相手先に送り届けることが出来ないのに荷物を預かる、なんてしてたら宅配便や郵便は成り立つわけがありませんし、誰もそんなところにお金を掛けないでしょう
そういった責任をもてるようにしっかり管理しているからこそ、そっこに価値が生まれその報酬にお金というものが発生するわけです
サイトやネサフだって同じことです、自分のサイトを管理できないのにやっていたらウイルスの温床になってしまい他の方に迷惑を掛けてしまいます
オフオン関係なく挨拶や言葉遣い等マナーが守れない人がネサフをして、何でもかんでも好き勝手に書き込みや発言をしたら、それを聞いた人が傷ついたり人権侵害を引き起こしてしまいます
そこに年齢なんて関係ありません
年齢を言い訳にするんだったら端からやらなければいいんですから
やる以上はきちんと自分の行動に責任を取らなければいけません
取れない人は自動的に然るべき場所に送られるだけです…何処とは言いませんが…




そんな感じで今回の語りの方を終わりたいと思います
とにかく言いたいことは、今のウイルス騒ぎは決して今に始まったことではないということ
そして常にこういう情報には敏感に反応し、日ごろから対策を怠らないことが重要だということを言いたかった、ただそれだけです
後は好奇心等で軽はずみな行動は決してしない方が身のためだということも分かっていただければなという感じです
別に特定の誰かを指しているわけではありませんが、本当に皆さんに気をつけて頂きたいなという思いから記述したまでですので^^;



追記で拍手返信をしております、心当たりのある方はご覧下さいませ^^
…えっ、いつから拍手返信をするようになったのかって?
更新時に拍手についての注意事項がなくなってからに決まってるじゃないですかww
もうネット不在期間から当の昔に明けてますしね、普通に管理出来るようになったんでお返事しようかと^^;
メルフォだと出しにくい方もいらっしゃると思いますし、現状は普通に使用していきたいと思います
…あとメルフォだと完全に水面下のやり取りになってしまうので、僕の生存確認に一切他の方が関与できないというのもあるので(苦笑)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
Vocaloid
Copyright ©  日々徒然  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by 結羽&You  *Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]