忍者ブログ
日々徒然日記                                                  イラストを投稿したり文章を書いたり                                     メルフォ返信やバトン等もこちらにて
 7 |  6 |  5 |  4 |  3 |  2 |  1 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

某様方の間でこの事が一時期話題に登っていて、私自身いくつか感じた事があります。
今回はそれを整理した上で、もう少し踏み込んでみたいと思います。



そもそも何処からこの言葉が生まれてきたのか。
少なくとも大人達の世界からではないでしょう。
社会は弱肉強食の世界。
成功した者が莫大な富を掴み、そうでない者が地に落ちる。
残虐に聞こえますが、実際そうである事実は拭えません。
ただし、富を得た者が必ず幸せかと問われれば、そうではないとは言えます。
自分の家庭に不満を持つ人もいるでしょう。
回りの環境に不信感を抱かない訳にはいかない人もいるでしょう。
しかし、生に喜びを感じている間は、貴方はやはり「幸せ」なのです。
未来に「希望」を持ち続ける限りは「幸福」なのです。



何故「いじめ」を受けた子が自殺してしまうのか。
それは「生きる事」に希望を見出だせなくなったからです。
絶望に打ちひしがれ、大きな闇を抱えてしまい、自分の力ではどうにも出来なくなってしまったのです。
「彼ら」にとって「生きる事」自体が「苦痛」です。
他人に自分の気持ちを分かって欲しいという願望を持っている子もいるでしょうが、大半の子供はこう思っているはずです。

「早くこの苦しみから開放されたい」

その為ならば死さえうとわない。
そういう考えに至った者達が、今日世間で騒がれるようになった「いじめによる自殺を図る児童」です。
彼らにとって自分が死んだ後の事は差ほど重要ではないはずです。
何故なら、「命を絶つ」事イコール「言い表せない程辛い状況から逃げ出す手段」であるからです。
そこに、自分をいじめた子達への見せしめだとか、そういう感情があるというのは寧ろこちらの思い込みだと思います。
仕返しをしたいのならもっと直接的に何かをしているはずですし、その勇気や方法がないからこそそこまで追い詰められてしまったのですから。
彼らにとって「自殺」は自分を救う手段の一端でしかないはずなのです。


元来、生き物というのは「自ら生きよう」とする「本能」を保持しています。
これがあるからこそ、生命は繁殖し、成育し、そして次の世代へと命を繋いできたのです。
どんなに弱った獣でも、最後の最後まで懸命に生きようとします。
そこには「生」への執着以外の物は存在しません。
「生」を懸命に求める者にとって一番恐れる物は、やはり対である「死」です。
だから生物は皆「死」を本能的に恐れるのです。
生き物にとって「生」こそが全てなのですから。


人間は悲しい生き物です。
理性と知性を手に入れたが為に、「本能」を失ってしまったのです。
どんな時でも「本能」が「生」を保持する為に一番大事な性質です。
それを失ってしまった人間だからこそ、「死」を恐れる感情が揺らぎやすく、たやすく「死」を選べるようになってしまったのです。

その存在に嫌悪を抱き、目障りだから「殺」した。
理性を糧に生きるようになってしまった人間だからこそ、生きる為という目的とは全く異なる理由で命を奪ってしまうようになったのも悲しいものです。
「自殺」と「殺し」という行為は人間以外の生命が決して侵しはしないのです。



私は決して「自殺」を考えてる人間に対して促している訳でも、「殺し」を考えてる人間に対して促している訳でもありません。
ただ知って欲しいのです。

「いじめ」に耐えられなくなって命を絶ってしまった子供達がその手段を選んでしまう。
"それ程"追い詰められてしまったからこその選択なのだと。

そして、「命」は尊き物で"代わり"は存在しない、とても大切なものだということを。
決して奪ってはならないものだということを。




PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
Vocaloid
Copyright ©  日々徒然  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by 結羽&You  *Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]