忍者ブログ
日々徒然日記                                                  イラストを投稿したり文章を書いたり                                     メルフォ返信やバトン等もこちらにて
 126 |  124 |  123 |  122 |  121 |  120 |  119 |  118 |  117 |  116 |  115 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書くことが段々なくなってきましたね
(と言いながら毎回グダグダ長く書いてるのは誰だオイ)
本当にくだらない事だからかけるんだよワトソン君
無駄に喋る事は関西気質を受けついてるんだもんね
…それ結局イタイだけじゃんね(^q^)


どうしようか迷ったんですが、水面下での活動範囲がえらい広い事にも気づいたので(笑)
あんまり今までやらなかったジャンル語りでもやってみようかと唐突に思ってみる
けど9割がた他ジャンルになるだろうけどね!ww
そしてそれを見たらオイラの隠れた生態が明らかになって、恐らくヒかれる事間違いなしだねwww
僕の作品は綺麗な上辺で出来てるもんだから、絵茶とかでご一緒したりしてない方には絶対僕の本性はバレてないと思うんだ(爆)
それを自ら晒すとか多分もう終わってるね!\(^o^)/

表に置いておくと興味ない方の目に毒なので、追記に隠しておきます
今回は昨日唐突に浮上したゾイドジェネシス語りにしようwww
語り言うても僕の萌えどころ好き勝手語るだけだから何もないけどね^^^^^^



とりあえず軽くどんな作品なのか、オイラ的に纏めてみると
・数あるゾイドシリーズの(現状の)最新シリーズ
・しかし普通に4年位前にテレビ放送終わってるww
・その後新シリーズを見てないので、最後なのかどうかもよく分からない
・構想としては惑星ジーを舞台に、金属生命体ゾイドとそのゾイド乗りが繰り広げるお話
・大陸は既に悪の帝国ディガルドの手によって支配されつつあり、多くの人々が苦しめられている
・このディガルドの野望を阻止しようと立ち上がった者たちとディガルドとの物語

と言う感じでしょうか?
ちなみに自分ゾイドシリーズの全てのファンという訳ではないですww
ぶっちゃけ言うと初代の内容殆ど知りません(笑)
最初に見たのは確か2代目のゼロだった、あれはあれで面白かったんですけど^^
しかし自分はジェネシスの方が色々萌えたと思う、そりゃ後にオイラか腐ったからだとも言うけどね!w

とりあえず前回見たゼロは、主人公が結構大人というか、10代後半くらいだったんですよね
このジェネシスの主人公ルージ君は10代前半(というか初期)という完全なるショタ年齢(^q^)←オイ
そしてこういうロボ系主人公には珍しい知的面が、本読むのとか好きらしいしね
ヘタレ属性が垣間見えるもの美味しいところですがww
純朴そうなところが益々そそります(何をだ)
そしてそういう少年は必ずと言っていいほどコンプレックスを持っているもので
ゾイド乗りの家系に生まれながらゾイドに乗れないという、しかも弟に先を越されて嘆いちゃうんだ
「俺に動かせるゾイドを!一体だけでいいんです、神様どうか…!お願いです!!」
何と言うか純粋すぎていかんわコイツ(^q^)

一番ツボったのがヒロインとの絡みですな
ヒロインはレ・ミィという女の子なんですが、確かルージより1個下とかじゃなかったかな?
うん、益々美味しいところで(^q^)
ちなみにレが苗字みたいな感じみたいです、お父さんがレ・インだったような…何と言うややこしい名前だww
何を隠そう実は姫様なんですが、物心ついた頃から旅をしていたので本当に超お転婆姫様ww
口癖は「アンタなんか丸焼きよ!」ですから、食いもんでも何でも丸焼きが全てだと思っているのですよこの子
そして苦手なものが料理と恋愛、本当にご馳走様です\(^o^)/
自称伯父?のラ・カンのボディガードで護身術を身に付けているらしいですが、この年でかwww
ちなみに?なのは、ラ・カンの姪としか書かれてないんで、叔父なのか伯父なのかが分からないからっていう意味です
回想シーンを見てる限りラ・カンの方が年上っぽいから多分あってると思いますが
ちなみにラ・カンは見た目だけだと結構おじ様です(笑)


この話では他にもキャラクターが出てるんですが、その絡みも面白いところではあります
ルージが剣の修行を受けたセイジュウロウさんは無口な侍っぽい方(だけど銀髪長身の男ww)だったり、空飛ぶ大型ゾイドを手に入れる為に大人な女性コトナさん(偽名)の本名を知る為にルージに「コトナと結婚してくれる?」とか茶目っ気かますロンさんとか、ガラガっつーガキ大将がそのままでっかくなっちゃったような男とか、もう色々ねww

とりあえず本当に大人が多いもんだからヒーローヒロインの幼さが物凄く際立ちます(^q^)
そしてルージとレ・ミィの関係は完全にレ・ミィがやれ情けないだの頼りないだの弱弱しいだの一方的イジメwww
ルージ君は優しいもんだから言われっぱなしだけど、あの何とも言えない関係が物凄くもどかしい///
一番もどかしいと思ったのは最終話、いよいよ決戦って時にリーダーだったラ・カンが先の戦闘で行方不明になり不安で傷心していたレ・ミィに、(一応仮の指揮官となった)ルージが優しく声をかけて慰めて
オイオイ良い雰囲気じゃねぇかよと思った矢先に…

「ルージ…おじ様だと思って、貴方を守るわ」

…ルージおじ様に存在勝ててねぇ\(^o^)/
聴いた瞬間に泣けてきましたよ、本当に恋愛ヘタだなこの二人www
確かにこの子自分が姫だってことあまり認識してない気がするけど、自称ラ・カンのボディガード言ってるだけあって命かけて守ろうとするところあるんだけど…!
そのセリフさえなければ、シーン的にはかなり美味しい感じだったんですけどねwww
お話は敵の首領であるジーンを討伐し、戦争が終結したところで終わっちゃってるので、この二人がこの後どうなったのかは創造想像で埋めるしかありません
当然色々考えちゃいますよね、(年齢的に)まだこれからのお二人ですから(^q^)


ちなみにこのお話のもう一つの萌えどころは、敵であるディガルドにいるザイリンっていう首領ジーンの右腕みたいな青年が、やたらめったら「ルージ君」「ルージ君」を連発するところですww
しかも言い方が物凄く食い入ると言うか、歓喜してるというか、妖しいというか!www
何このショタ追っかけてる人!みたいな変な高揚を覚えます\(^o^)/
あれ、こんな人どこかに居たような気がする、気のせいだと思っておこう(笑)


更に言うと、この作品を本来の意味でよく味わうには、OPの「夜鷹の夢」が欠かせません
作品と照らし合わせると本当に泣けます、こんな素敵なコラボはなかなかないと思う
TVバージョンだけだと短いんで気付きにくいんですが、フルでこの曲聞いて歌詞をかみ締めた後は本当にグッときます
戦争というのがいかに恐ろしく愚かなものなのか、それがこの歌詞に込められている気がしますた
是非フルの歌詞を見ながら一度聞くことをオススメしたいです
確かニコニコでも普通に上がってたと思いますゆえ^^
これ一部抜粋しても伝えたい事が物凄く伝わり難いんですが、折角なのでTVバージョンのサビを抜粋してみる


生きとし生けるもの全て
同じ色真紅の血で
命を 育てる
どんな正義をかざしても
流れ出る真紅の血を
止められはしない

夢を 見てた 長い 夢を
長い 夢を 長い 夢を



そんな感じでとりあえず終わってみる(いきなりだな)
目をつけてる所が非常に怪しくてサーセンwww
作品としては本当にそんな目線を加えて見てます、皆真似しちゃ駄目だからね!(…)
けど正直此処まで見るキッカケになったのはやっぱりOPだったような気がします
Do Asの曲の中で1番好きかもしれない、なのにこの曲だけCD借りてないorz
言葉の一つ一つがすっごく重いんですけどね、けどその分情景が頭の中にリアルに浮かんできます
こういう詩を書ける人って素晴らしいな
ってあれ、後半歌語りになってんじゃん\(^o^)/
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
Vocaloid
Copyright ©  日々徒然  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by 結羽&You  *Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]