忍者ブログ
日々徒然日記                                                  イラストを投稿したり文章を書いたり                                     メルフォ返信やバトン等もこちらにて
 120 |  119 |  118 |  117 |  116 |  115 |  113 |  114 |  112 |  111 |  110 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うん、昨日の今日かよっていう突っ込みですね、もう本気で笑ってやってくださいww
勢いで八犬伝描いてもた、俺死ねるwww
まだスペキャラの当てはめが確定してないので、文庫本での作画を参考に描いてみました^^
俺の画力撃沈ですがそこは華麗にスルーして下さるとありがたいです(^q^)


知らない方の為に描いてしまったシーンに対するキャラ等の補足を

・このシーンは犬田小文吾と旦開野(あさけの)の絡み部分の一つ
・流れとしては真夜中、命を狙われた小文吾を旦開野が助けた後
・ちなみにこの旦開野は犬坂毛野の舞女の時の姿と名前(つまりれっきとした男)
・更にこの二人は一度この屋敷内で顔を合わせはしたものの、それはほんの一瞬の出来事だった

これくらい頭に入れとけば多分いけると思う、何故命狙われたのかとかは説明めんどいので放置(^q^)
ちなみに元々小説になってる部分を僕が勝手に漫画風に起こしただけなので、大いに僕の妄想と誇張が入っている前提ですがww

hakken001.jpg

ちなみに毛野さんの生い立ちを説明すると、身を隠す為に田楽の一座の中で母親にずっと女として育てられた、という経緯があり、本人の中で男の部分と女の部分がごっちゃらしい
後のセリフで自分が男なのか女なのか時々分からなくなる、と言っている所から判断すると、コレ明らかに旦開野として小文吾に惚れてるだろうっていうwww
何せ毛野さんったら初めて会った時から小文吾さんが何故か気になってて、自分の目的を果たす際にあの人も助けてあげようとか思って色々守ってるところが更にwww
この後勿論男だとバラすんですけど、度々女声で好き好き連発してます(^q^)
女への未練を捨てて立派に男になり、犬士として戦いに行くようになってもずっと小文吾兄貴と呼びながらついて行きますからねww
最後の最後でもこの二人は戦いが終わる事を残念そうに視線を交わして肩を落とすんです、もうずっとそうしてろよお前らwwwノシノシ
男になっても小文吾兄貴大好きな毛野さん素敵過ぎます(^q^)

ちなみにこの↑時点で小文吾さんは、旦開野が犬坂毛野という男で義兄弟の間柄だという事を知りません
純朴なので明らかに流されてるwww
しかし自分セリフを書き直すんだったらもっと丁寧に書けっていうな!
・・・オイラ字汚いもん、無理だもん><←・・・
しかも背景テラ適当コマ割下手くそ感が超絶否めない・・・慣れないことをするもんじゃないな^^;
でも描いてて物凄く楽しかったです(^q^)←今日吐血してばっかだなお前w
もう僕のことを知って下さってる方なら毛野さんに誰を当てはめたか絶対分かってると思うんで言ってしまいますが、彼の宝珠の色は紅ですwww
まさか事前に当てはめたのと同じになるとは思ってなかったwwwこれはきっと運命、そうに違いn(蹴)



そんなお馬鹿炸裂な日記ですいません、でも皆も嵌ったらいいと思うんだ!(おい)
きっとこれで終わらないだろうというのが僕の悪いところですね、今更か(・・・)

さて、何だかんだとお休みしていた動画紹介を久々に^^
今回はこちら↓↓↓
【ニコニコ動画】Re_birthday【鏡音レン/手描きPV】
既にこの歌は悪のPの有名曲だと思うんですが、そのPVです
凄く動くし出来に感動しました、コレは必見だと思う(真顔)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
Vocaloid
Copyright ©  日々徒然  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by 結羽&You  *Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]